# QUESTION
# 特集記事
                     2022.02.15

【重盛さと美が質問!】大流行のサウナで薄毛になる?正しいお風呂との付き合い方

監修・対談者紹介
東京メモリアルクリニック理事長
佐藤 明男 医師
佐藤明男
頭髪に関する内科治療と外科治療まで幅広く実践し、毛髪研究、教育も積極的に行っている。
タレント
重盛さと美
重盛さと美
テレビなどに多数出演し、幅広い分野で活動中。
特技はものまね。出身地は福岡県。

寒い冬はお風呂に入るのが楽しみな季節でもあります。サウナも大流行中ですが、本記事では意外と知られていないサウナと薄毛の関係についても迫っていきます。みんなが大好きなお風呂の効果を、薄毛治療のオピニオンリーダー佐藤明男先生に解説してもらいましょう。

 

日本の冬はお風呂!髪の観点から正しいお風呂の入り方をレクチャー

重盛:寒い季節になると、温泉やお風呂が楽しみになりますよね。ポカポカしてカラダが温まるので、私もお風呂は大好きです。

佐藤:お風呂はカラダの血行がよくなりますから、冷え対策にも効果的ですね。

重盛:今は、サウナも男女問わずブームになっていますね。サウナ好きを公言する芸能人も多いですし、漫画やドラマにもなっています。サウナーと呼ばれるサウナ好きの方たちは、毎日のようにサウナに行きたくなるようですが、「サウナは薄毛につながる」という噂もあるようで気になります。

佐藤:そんな噂があるんですか(笑)。薄毛については、どんどん新しい都市伝説が生まれますね。それだけ皆さんの薄毛に対する関心が高いのでしょう。

重盛:あくまでも噂ということなんですね。

佐藤:医学的な根拠はありません。サウナの高温や乾燥が髪に悪いというイメージから、そういう噂になったのではないでしょうか。しかし、きちんとポイントさえ押さえれば、問題はないと考えられます。

重盛:よくサウナで「ととのう」と言いますよね。「サウナ→水風呂→外気浴」という温冷交代浴の3ステップを少なくとも3セット行うことで、何ともいえない独特な幸福感を覚える人も多いようです。健康にもよさそうですが、髪にもよいのでしょうか。

佐藤:サウナで「ととのう」ことが髪によいかは、それを証明する医学的なデータがないので分かりません。ただ、カラダの血行がよくなったり、自律神経が整ったりすることは健康増進につながります。そういったリラックス効果が、髪の健康にもよい影響をもたらすことはあると思います。その人の体質や体調によっては、カラダへの負担が大きい入浴法だと思うので、そこは注意が必要ですけれどね。

重盛:体調などに注意しながら楽しむことですね。では、頭皮を守ってサウナに入るポイントを詳しく教えてください!

 

人気のサウナと髪の関係は?

佐藤:サウナが大人気ということで、サウナと髪の関係を気にする人も増えているようです。室内が高温で乾燥していることから頭皮への影響が気になるのだと思いますが、正しく利用すれば問題はありません。

 

最終回答!サウナで薄毛になるというのは本当?

サウナに入っている男性のイラスト

佐藤:サウナで薄毛になるという医学的な根拠はありません。

日本の一般的なサウナの温度は80℃~100℃、また乾燥したドライサウナが多いので、その高温と乾燥で頭皮や髪がダメージを受けるという印象があるのでしょう。確かに、頭皮から水分が蒸散して過剰に乾燥すれば、外部の刺激から頭皮を守るバリア機能が低下して、やがて抜け毛などのトラブルを招くことがあります。しかし、これはタオルを頭に巻いて入るなどすれば問題を回避できると思います。

また、汗を大量にかくので、その汗や皮脂が頭皮の毛穴を詰まらせるイメージもあるかと思いますが、これはサウナから出たあとにシャワーのお湯で頭皮を洗い流せばいいでしょう。マナーとしてサウナに入る前に髪の汚れをシャンプーで洗いますが、出たあとも2度目のシャンプーをしてしまうと頭皮に負担をかけます。出たあとは、お湯で洗い流す程度で十分です。

こうした注意点さえ守れば、血行促進効果や自律神経を整える効果、リラックス効果などがあるので、それらが健康につながって髪にもよい影響をもたらすと考えられます。

 

お風呂で身も髪も健康になろう!入浴のメリットと正しい入浴方法を教えます!!

サウナ上がりの男性イラスト

重盛:サウナは正しいヘアケアをしていれば、問題ないということですね。次は、自宅のお風呂の入り方についてもいろいろとお聞きしていきます。

佐藤:入浴は1日の疲労をとって、心身をリラックスさせるためにも手軽な健康習慣だと思います。カラダの血行がよくなるし、寝つきがよくなるというメリットもありますね。

重盛:こうすれば髪への効果がアップするという入浴法はありますか?

佐藤:あまり気にせずに、リラックスして入るのが一番だと思います。髪のことばかり気にしていると、それがストレスになってしまいますからね。

重盛:入浴剤を使うなど、今はお風呂の時間を楽しむグッズもいろいろとありますから、そういうアイテムでリラックス効果を高めてもいいですね。

佐藤:そうです。しかし、入浴のタイミングなど、いくつか気をつけたい点はあります。たとえば、寝る直前に入浴すると寝つきが悪くなるので、成長ホルモンが分泌される時間帯に眠りが浅いという問題が起きてしまいます。そうした注意すべきポイントをお伝えしていきましょう。

 

入浴が髪によいワケとは

佐藤:冬は、お風呂にゆっくりと浸かりたくなる季節です。寒さで冷えたカラダを温めて血行をよくするのに、入浴は手軽で効果的な方法です。リラックス効果や安眠効果もあり、髪の健康にもおすすめの生活習慣です。

 

入浴は血行促進に効果抜群

佐藤:湯船に浸かることで、血管が広がり、多くの血液がカラダの中を巡るようになります。髪の毛は、毛根にある毛母細胞が分裂を繰り返して成長していきます。この毛母細胞は、頭皮の毛細血管から必要な栄養を受け取っていますから、入浴によって全身の血行がよくなれば、頭皮にも栄養が届きやすくなります。

また、血流がよくなることで、カラダの新陳代謝が活発になるというメリットもあります。

 

リラックス効果や安眠効果がある

佐藤:自律神経のバランスを整えるためにも、入浴は手軽でおすすめの方法です。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」がありますが、交感神経が優位だと血管が収縮し、血圧が上昇し、心拍数が増加します。つまり、心とカラダが緊張・興奮の状態になるのです。一方、副交感神経が優位だと血管が広がり、血圧は下がり、心拍数も減少して、心とカラダがリラックス状態になります。

入浴すると副交感神経優位の状態になり、リラックス効果があります。薄毛のきっかけのひとつとして考えられているのがストレスですから、入浴で心身ともにリラックスすることは髪にもよいと考えられます。

また、入浴はお手軽な睡眠法でもあります。髪の毛の成長に欠かせない「成長ホルモン」は睡眠中にもっとも分泌されます。なかでも、寝ついて最初の90分間に深く眠ることが成長ホルモンの分泌に大きく関係します。

入浴により一度体温を上げて、それから体温が下がっていくタイミングで眠ると、寝つきがよくなり、良質の睡眠がとれるといわれていますから、髪を育む睡眠のためにも入浴習慣は続けてほしいと思います。

 

こうすれば効果抜群!正しい入浴法とは?

佐藤:湯船の温度が熱すぎると副交感神経ではなく交感神経が刺激されてしまいます。副交感神経が優位の状態にしてリラックス効果を得るには、40℃までのぬるめのお湯にゆったりと浸かるほうがいいでしょう。

また、先ほどもお話したように、人は体温が下がるタイミングで眠たくなります。そのため、入浴して一度体温を上げると、入眠しやすくなります。逆に、就寝の直前に入浴して体温が高いままだと、良質の睡眠がとれないことがありますから気をつけましょう。

質の良い睡眠のためにベストだといわれている入浴のタイミングは、就寝の1時間半ぐらい前です。就寝時間から逆算して、お風呂に入ることが大切です。

重盛:お風呂に入ってリラックスすることで、私も毎日、気づかないうちに髪によいことをしていたんですね。

佐藤:そうですね。あとは、お風呂の温度とか、入るタイミングとか、そういうことにも配慮すれば、もっと髪のためになりますよ。

重盛:あまり意識していなかったので、気をつけてみたいと思います。では次回は、冬にとりたい髪によい栄養素を教えていただこうと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

Produced

ArtNature

アートネイチャー

最高品質のオーダーメイドウィッグをはじめ、増毛商品、育毛サービス、理・美容サービスなど、毛髪に関するあらゆるニーズに対応する広範なサービスラインナップを確立しています。男性女性を問わず、髪の悩みをもつすべての方々に対して、一人ひとりの個性に合わせた最適なソリューションを提供することによって、より美しく輝きのあるライフスタイルをご提案いたします。
SNS SHARE
twitter icon facebook icon hatena icon