# QUESTION
# 特集記事
                     2022.03.15

あなたの髪の「薄毛度」はどのくらい?簡単チェックリストで確認しよう!

監修・対談者紹介
東京メモリアルクリニック理事長
佐藤 明男 医師
佐藤明男
頭髪に関する内科治療と外科治療まで幅広く実践し、毛髪研究、教育も積極的に行っている。
タレント
重盛さと美
重盛さと美
テレビなどに多数出演し、幅広い分野で活動中。
特技はものまね。出身地は福岡県。

3月は卒業や年度末のシーズン。新しい生活や年度が始まる前に、自分を見つめ直して今の薄毛の状態を把握してみましょう。薄毛治療のオピニオンリーダー佐藤明男先生に薄毛にまつわる知識をお聞きする当連載。今回は、日常のシーンのなかで、自分の薄毛状態を把握できる簡単チェックリストを紹介します。

 

日常に隠れている「薄毛のサイン」を見逃すな!

重盛:薄毛を気にされている人は多いですが、そもそも「薄毛」の定義とは何でしょうか?

佐藤:明確な定義は特にないのですが、アメリカの毛髪の権威である医学者、ジョージ・ハミルトンは「こめかみ上部の生え際が、頭頂部と左右の耳を結ぶ線より3cm以上後退している人」のことを薄毛だとしています。私の場合は患者の頭部を観察したときに、地肌の地平線がグッと浮き上がっている人や、30代以降の人でまゆ毛から最初の生え際までが8cm以上ある人は薄毛だと考えています。

重盛:はっきりとした定義は決まっていないんですね。

佐藤:薄毛は病気ではなく、その人の体質です。本人が薄毛だと意識していなければ、それでいいのです。逆にいえば、「あれ?薄くなってきたかも?」と本人が意識したときが、その人にとっての薄毛の始まりと考えてもいいかもしれません

重盛:どのようなきっかけで、薄毛を自覚することが多いのでしょうか。

佐藤:シャンプーで抜け毛が増えたときや、お風呂あがりの濡れ髪で地肌が目立った時などに自覚する人が多いようですね。あとは昔の写真を見た時に「今と比べて全然あったな」と愕然とする人もいるようです。

重盛:日常の生活のなかで、突然「あれ?」と気づく人が多いんですね。

佐藤:そうですね。毎日、鏡を見ていても徐々に薄くなっていると気づかない人も多いんですよ。それが、ふとした瞬間に自覚して、そこからは気になって仕方なくなることが多いようです。

重盛:自分では意外と気づきにくいのなら、ここをチェックするとよいというポイントなどはありますか?

佐藤:私が用意した簡単なチェックリストがあります。自分でチェックするタイプと、身近な人にチェックしてもらうタイプの2つです。どちらでも確認しやすいほうで、チェックするといいでしょう。

 

薄毛度をチェックしてみよう

 

佐藤:薄毛の進行は自分では、なかなか気づかないものです。はっと気づいた時には、それなりに進行している人も。そこで、簡単なチェックリストを使って、客観的に薄毛度を確認してみましょう。自分では判断しにくいという人は、身近な人に確認してもらうことです。進行度によって、有効な対策も違ってきます。

5つ以上当てはまったら要注意!薄毛チェックリスト

朝起きた時、枕につく抜け毛が多い
以前のように髪をうまくセットできない
ブラッシングすると髪がごわつく
シャンプーする時の抜け毛の量が増えてきた
風呂上がりの濡れ髪がペタンコに見える
雨を地肌で感じやすい
昔の写真と比べると、毛量が少なくなったと感じる
頭皮のベタつきが気になる
フケの量が多くなった
家族など身近な人から、薄くなったことを指摘された

 

佐藤:シャンプーのときに50本以上の抜け毛があると要注意です。リストで5つ以上当てはまる人は、今は心配するほどの薄毛ではなくても、将来、進行する可能性があります。生活習慣などを見直してみましょう。

家族など身近な人にチェックしてもらおう!

薄毛に見えるようになってきた
体臭がきつくなってきた
額や顔がオイリーになってきた
ひげや体毛が濃くなってきた
頭部からの汗が増えてきた
Yシャツのエリが黄ばんでいる
枕カバーのニオイや黄ばみが目立ってきた
以前より整髪料を多用している
洗面所の床によく抜け毛を発見する
風呂場の排水溝の抜け毛が増えてきた

 

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、体毛やひげが増加したり、皮脂の分泌が増加したり、頭皮から酸っぱさを伴ったきついニオイがしたりします。本人では気づかない変化もあるので、家族やパートナーなど身近な人にチェックしてもらうといいでしょう。

現状をしっかり認識して、有効なケアを

佐藤:髪の状態は、人それぞれです。髪の状態を確認して、その段階にあった対策を実践していきましょう。

まだそれほど気にならないという人は、バランスのよい食事や良質の睡眠、適度な運動などを心がけて、髪と頭皮を守る生活習慣を続けていくことです。
薄毛が気になり始めたという人は、髪によい生活習慣を続けながら、専門のクリニックや髪のプロに相談するなど、薄毛の進行を遅らせる取り組みをしてもよいでしょう。その人の髪の悩みにあった対策が見つかるはずです。

重盛:まずはチェックリストで現状を把握してから、対策に取り組みということですね。

佐藤:自覚しないことには、何の対策もできないですからね。薄毛を解決したいと思う人は、今はさまざまな方法があります。自分に合った対策を見つけていけばいいと思います。

重盛:全6回にわたって、髪のためになる対談をありがとうございました。私も参考にして、これからの生活に役立てていきたいと思います。

佐藤:こちらこそありがとうございました。

Produced

ArtNature

アートネイチャー

最高品質のオーダーメイドウィッグをはじめ、増毛商品、育毛サービス、理・美容サービスなど、毛髪に関するあらゆるニーズに対応する広範なサービスラインナップを確立しています。男性女性を問わず、髪の悩みをもつすべての方々に対して、一人ひとりの個性に合わせた最適なソリューションを提供することによって、より美しく輝きのあるライフスタイルをご提案いたします。
SNS SHARE
twitter icon facebook icon hatena icon