# HAIR CARE
2021.11.19

薄くなった前髪は育毛で改善できる?前髪の薄毛の原因と育毛方法を紹介!

監修者紹介
東京メモリアルクリニック理事長
佐藤明男
さとう美容クリニック院長, 北里大学医学部客員教授, 横浜市立大学非常勤講師, 日本形成外科学会専門医, 日本再生医療学会専門医・代議員, 日本臨床毛髪学会理事, 日本先進医師会特定認定再生医療委員会委員長, SKIファーマ株式会社副社長
頭髪に関する内科治療と外科治療まで幅広く実践し、毛髪研究、教育も積極的に行っている。

「前髪が薄くなってきている」と感じたとき、育毛方法を知りたい人は多いのではないでしょうか。

ひと口に前髪の育毛といっても薄くなる原因は人それぞれ異なるので、まずは原因を探ることが大切です。

この記事では、前髪が薄くなる原因と具体的な育毛方法について紹介します。これから前髪の育毛を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

前髪が薄くなる原因

前髪が薄くなる主な原因は、大きく分けて以下の6つです。

遺伝
頭皮の血行不良
不規則な生活習慣
ストレス
誤ったヘアケア
髪に負担のかかるヘアスタイル

それぞれ詳しく解説していきます。

遺伝

出典:(1)男性型脱毛症のフィナステリド治療効果とアンドロゲン受容体遺伝子CAGリピート多型との相関性

前髪が薄くなる原因は、遺伝による場合があります。体内の酵素である5αリダクターゼの遺伝子情報は、親から子へと引き継がれやすいことが判明しているからです。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼの影響を受けることで、髪の成長を抑制するジヒドロテストステロンへと変化してしまいます。

5αリダクターゼの活性度は優勢遺伝によって伝わるため、父もしくは母方の家族が薄毛だと、その子どもは薄毛の体質を引き継いでいる可能性があります。

 

頭皮の血行不良

頭皮の血行が悪いと、前髪の薄毛を引き起こしやすくなります。血流が悪いと細胞の働きが活性化されなくなってしまい、髪に必要な栄養が行き届きにくくなるからです。

血液は栄養を運ぶ以外に老廃物を体外に排出する働きもあります。そのため血行が悪くなると老廃物が溜まって頭皮環境が悪化します。頭皮環境の悪化は抜け毛以外に、フケや悪臭なども引き起こしやすくなります。

なお前頭部は、こりによって血行不良を引き起こしやすい部位であることを覚えておきましょう

 

不規則な生活習慣

出典:(2)第3章 主な医薬品とその作用

偏った食事や睡眠不足などの生活習慣を送っている場合は、薄毛になる可能性が高まります。不規則な生活習慣は血行不良を招きやすく、前髪の成長を妨げてしまうからです。

ファストフードなどの脂質の高い食事ばかりを摂っていると、皮脂分泌を増加させ髪の成長を妨げてしまいます。

加えて過度なダイエットなども髪にとって良くありません。髪に必要な栄養素が足りなくなってしまい、薄毛を招くからです。

また髪の成長に必要なホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。睡眠不足が続くと、細胞分裂が正常に行われず育毛不良となります。そのため質の高い睡眠と十分な睡眠時間を確保することも大切です。

 

ストレス

(出典:(3)疲労とストレス)

ストレスは薄毛の原因になります。自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなり、髪にも影響を及ぼすことがあるからです。

過度にストレスが溜まると、食欲不振による栄養不足や睡眠不足を招きます。そのため食生活の見直しや睡眠改善よりも先に、ストレスを溜めない生活を送ることを優先させましょう

 

誤ったヘアケア

誤った方法でヘアケアをすると、薄毛になる可能性があるので注意が必要です。日常的に爪を立ててシャンプーをする、髪を生乾きのまま放置するなどを繰り返すと、髪にダメージが蓄積されてしまいます。

また頭皮のことを考えるなら、洗浄力の強いシャンプーを使用しないようにしましょう

洗浄力が強いと頭皮の皮脂が必要以上に洗い落とされ、頭皮が乾燥する恐れがあります。頭皮が乾燥すると、皮脂を分泌しようと体が作用するため、皮脂の過剰分泌を招きます。

また洗いすぎも頭皮が乾燥する要因です。そのため必要以上にシャンプーをせず、1日1回程度に留めるようにしましょう。

シャンプー以外にブラッシングも注意が必要です。必要以上にブラッシングをすると髪の表面のキューティクルを傷つけて頭皮を痛めつけてしまいます。

加えて濡れている状態でのブラシの摩擦は、無防備な状態の髪に大きなダメージを与えます。

 

髪に負担のかかるヘアスタイル

(出典:(4)結髪性脱毛症の発生機序に関する考察)

いつも前髪に負担のかかるヘアスタイルをしている人は、薄毛の原因になる可能性があります。

長い間一定方向に髪が引っ張られることで、それを支える毛根の血流が悪くなるためです。引っ張られた髪型をキープすると、毛乳頭や毛母細胞が衰えて頭皮に栄養が行き渡らなくなります。

このような原因で起こる脱毛は「牽引性脱毛症」と呼ばれています。主にオールバックをしている人に見られるのが特徴です。

 

前髪の育毛方法

ここでは前髪の育毛方法を3つ紹介します。

栄養バランスの良い食事を摂る
頭皮を清潔に保つ
育毛剤を使用する

 

栄養バランスの良い食事を摂る

(出典:(5)e-ヘルスネット たんぱく質,(6)頭髪外来における内服・外用による男女の発毛治療,(7)e-ヘルスネット ビタミン

栄養バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。髪に必要な栄養素はタンパク質や亜鉛 (ミネラル) 、ビタミンなどがあります。

タンパク質や亜鉛 (ミネラル) は、髪の基本成分であるケラチンの元となる栄養素で、髪の成長に必要不可欠です。

ビタミンB群やビタミンCは代謝の活性化に関与しており、毛母細胞の細胞分裂を活発にするのをサポートします。

食事で十分に栄養が摂れない人は、サプリメントで栄養を補うと良いです

 

頭皮を清潔に保つ

頭皮を清潔に保って頭皮環境を整えることで、前髪の育毛は促進されます。

頭皮環境を清潔にしておかないと、古い角質が除去できずヘアサイクルに異常を引き起こしてしまいます。

特に毎日のシャンプーは、頭皮を清潔に保つ上で欠かせません。まずは髪をブラッシングしてホコリを取り除いてシャンプーをしましょう。また指の腹を使って、優しくマッサージするように洗ってください。

シャンプー剤が残ってしまうと頭皮環境が悪化するので、最後は丁寧にすすぎましょう。

なおシャンプーの仕方だけでなく、シャンプー選びも重要です。自分の肌が脂性肌なのか乾燥肌なのかを把握し、肌質に合ったシャンプーを使用しましょう

 

育毛剤を使用する

前髪の育毛には、育毛剤が役立ちます。頭皮に余分な皮脂や汚れがある状態では育毛剤が浸透しないので、シャンプーの後に使用することが大切です

育毛剤を使用する際は、手やブラシなどで刺激を強くすると頭皮にダメージを与えるのでソフト使用しましょう。

 

前髪の抜け毛を防ぐには?

育毛も大事ですが、前髪の毛根に負担がかからないように、スタイリングの回数を減らす、極力前髪を触らないようにすることも心がけて抜け毛を防ぎましょう。

スタイリング剤は過度につけると水で流しきれないので、少量の使用に留めましょう。特に生え際はスタイリング剤が残りやすい部位なので注意が必要です。

またスタイリングをする機会の多い前髪は、無意識に手を触れてしまう部位なため、できるだけ触らないようにしましょう。

 

薄くなった前髪は育毛方法を知れば改善が期待できる

前髪が薄くなってきたかもしれないと感じたとき、まずは原因を考えましょう。原因を知ることで、自分にとって最適な育毛方法がわかります。

前髪の育毛とケアを続けて、前髪の薄毛の進行を抑制・予防していきましょう。

 

文 献
1). Skin Surgery:17(2);P.80-86,2008
2).厚生労働省ホームページ
3).バイオメカニズム学 会誌 , VoL 21,No .2 (1997)
4).山野研究紀要/1 巻 (1993) 1 号/P.79-80
5).厚生労働省 e-ヘルスネット たんぱく質
6).WAARM Journal, 2018; 1: 40–42
7).厚生労働省 e-ヘルスネット ビタミン

Produced

ArtNature

アートネイチャー

最高品質のオーダーメイドウィッグをはじめ、増毛商品、育毛サービス、理・美容サービスなど、毛髪に関するあらゆるニーズに対応する広範なサービスラインナップを確立しています。男性女性を問わず、髪の悩みをもつすべての方々に対して、一人ひとりの個性に合わせた最適なソリューションを提供することによって、より美しく輝きのあるライフスタイルをご提案いたします。
SNS SHARE
twitter icon facebook icon hatena icon